忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
おもしろ地図を広げよう!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世の中の人はすべて2つに分けることが出来る…


永谷園といえばと聞いて、
北島三郎』と答える世代と『和田アキ子』と答える世代の2つに。
世の中まっぷたつ!!


ちなみに私は『北島三郎』と答える世代。ちびっ子の頃みていたテレビのCMのイメージが非常に強いのですよね。仮面ノリダーでの一シーンなんかもまたそのイメージを強くしてるのかもしれません。実際は、北島さんとアッコさん以外にもかなりの芸能人の方がCMに起用されているのですが、このお二人のイメージが圧倒的なのではないかなと思いますよ。


CMでこの商品といえばこの人といったイメージが付くというのは、かなりのインパクトか歴史が必要ですよね。「ごはんですよ」の桃屋のり平カールおじさんのようなアニメキャラなら何年経っても廃れる事はありませんが、俳優さんで長期にわたりイメージを与え続けるというのは実に難しい事かと思いますよ。

まあ、藤岡琢也さんのお話ですよ。「サッポロ一番」のCMを2年前に降板したとはいえ、35年間も続けていたそうですよ。他のイメージが浮かぶわけがありません。

別れさせ屋でも別れさせれないですね。
PR
私にも一つくらい、人には無い能力があります。
それが『ダメ絶対音感』ですよ。『絶対音感』じゃないよ。


ダメ絶対音感とは(はてなダイアリー

アニメや日本語吹き替えの洋画を観ている時に「これは××の声だ」と、その声優さんの他の作品の役がすぐに脳裏に浮かび上がる能力の事。たとえば、ジャッキー・チェンの映画を観ている時に『マジンガーZ』の兜甲児を思い出してしまう能力のことを指す。


絶対音感の持ち主は常人よりも音階をハッキリと聞き分けられ、音を聞いただけでその音階を理解できるという能力です。このスキルがある人は、幼少の頃からピアノなどの技能を集中的に鍛錬して身に付く事があると聞きますね。音楽関係の仕事についている人には、この能力がある人が多く居るみたいですね。

私の言う『ダメ絶対音感』はコレとは似て非なるものです。

アニメや日本語吹き替えの洋画での声優さんを当てるのはもちろんですが、バラエティ番組やワイドショーなどのウラで流れるBGMが何のアニメやゲームのサントラかを言い当てる事が出来ます。そして、その知識の枠はとても広いのです。

ダメ絶対音感のスキルを得る為にはそれはそれは長い時間が必要です。常人ではそうそう身につけることが出来ないかなりレアなスキルであるといえるでしょう。私も人生の多くの時間をそれに費やしてきました。そして、その能力が生かされたことはいまだかつて一度もありません。その能力を使うことが、どれだけ周りから見るとウザイのかを良く認識している大人でもあるからです。

ダメ絶対音感のスキルが身に付いてしまった人は、その人生そのものに大きく問題があったりします。たとえば、幼少時代にテレビばっかり見ていたちびっ子や、ファミコン時代から有名ゲームのほとんどを経験してる少年、某ゲームメーカーのキャラバンとかに参加しちゃうくらいまでに成長し、過去作品を含めほとんどのアニメも見尽くしてしまった青年にでもならない限り得られないスキルです。


さらに、この『ダメ絶対音感』を得ている人の年代は限られているといえるでしょう。今の20代以下の人はファミコンなどほとんどプレイしていない世代です。ゲーム好きといっても、スーパーファミコンプレイステーションくらいからというのがほとんどでしょう。ディスクシステムメガドライブPCエンジンHu-Cardの名作とガチでぶつかっていた世代は20代〜30代くらいですね。また、スパロボをはじめこの世代というのは旧作アニメの情報も多く得られる環境下にもありましたね。今でこそ当たり前のインターネットも、規制がゆるかった初期の頃を経験していた世代でもあるといえます。そういった様々な要因からいえることは、『ダメ絶対音感』をもつ年代というのは20代中〜30代中のごく一部の人間だけといえるのではないでしょうかね。


番組のBGMを当ててしまうという能力は、回りからしても番組を作る側からしても邪魔なだけな存在でしかありません。普通の人なら、素直に映像だけを見られるものが、このスキルがある人は「ここでこの音楽つかっていいのかよ」とか「ナレーション若本じゃまいか!?」など考えちゃいます。

はい、ウザイですね。
数が少ないんだから大切にしてほしいなぁ、という話。
北海道に旅行にきたらお土産に何を買っていかれるでしょうか。


おそらく、多くの方が石屋製菓の「白い恋人」なのではないでしょうかね。「白い恋人」の大きな特徴は、アレだけ有名にもかかわらず北海道でしか売ってないのですよね。地域限定の銘菓ということに非常にこだわりがあるお菓子であるのと同時に、北海道なら何処でも売っているのが特徴です。

白い恋人」は基本として買うとしても、
それだけで北海道のお土産は満足ですか?

折角、北の大地を満喫するのであれば北海道にしかない北海道を知るべきではないでしょうかね。そんな時私がお勧めする北海道は、『ソフトカツゲン』と『マルちゃん やきそば弁当』です。


ソフトカツゲン』とは今から50年以上前から北海道にある乳酸菌飲料です。もともとは「活源」として戦後生きる人に活力を与え続けた飲み物でした。昔は瓶入りで今よりも味は濃かったようですが、いまは飲みやすいソフトな飲み応えの紙パック入りですね。それでも全国的には味が濃いと感じられるらしく、昔は全国で売っていたものの現在では北海道でしか売っていないようです。

ソフトカツゲン


マルちゃん やきそば弁当』は北海道限定のカップやきそばです。カップやきそばというと、全国では日清焼きそばUFO、東日本ではぺヤングソース焼きそばが有名ですが、北海道ではこのやきそば弁当がシェアの半分以上を占めています。

マルちゃん やきそば弁当


やきそば弁当の大きな特徴は、なんといっても中華スープですね。焼きそば事態の味はUFOなどとは全く異なって、どこかあっさりしていてとても食べやすいので、カップやきそばとしてもかなりおいしいのですよ。私はぺヤングも食べてますが、個人差はあると思うけどやきそば弁当のが美味しいと思います。

中華スープ


なかにはこんな感じでカヤクと一緒に「中華スープ」の元がが入っているのですね。ただ、注意しなければならないのは、コレに直接お湯を入れてスープにするわけじゃないのですよ。このやきそば弁当の最大の見せ場でもあるわけですが、湯きりで捨てるお湯を使って中華スープを作ります。

湯きりのお湯を中華スープへ


中華スープの元を入れたカップに湯きりのお湯を注げば、
これでやきそば弁当(中華スープ付き)の完成ですね。


北海道プレート


やきそば弁当に中華スープ、そしてソフトカツゲンで北海道限定プレートですよ。限定というとなんか珍しそうな感じがしますが、北海道民がちびっ子の頃はほとんどがコレを食べて育ちますよ。お昼ご飯とか作るのめんどうなお母さんが、食卓の上にそっと置いておくのが日常で良く見られる北海道の昼食の風景ですね。

中華スープには乾麺の欠片とかも入ってたりするのですが、それもまた乙なのですよね。実際、道民はじゃがいもや牛乳よりやきそば弁当のが多く食べてる気がしますよ。(偏った推論)

北海道に来た時には是非ためしてみ手頂きたい一品ですよ。これを食せば本当の意味で北海道を知ったと言えるのではないでしょうか。


マルちゃん 焼そば カップ焼そばオフィシャルサイト
ご存知の方は多いかと思いますが、私は小売業の仕事をしています。
もちろん、実業家じゃなくて小市民のサラリーマンですよ。


最近、日本テレビのTHEワイドやTBSのきょう発プラスなどで万引きGメンなどの特集が組まれていることが多いのですが、私としては非常に気になるお話だったりします。

小売に携わる方ならよく解るとは思いますが、「万引き」は決してなくなることの無い犯罪です。万引きは言葉の軽さから軽視されがちですが、「窃盗」という立派な犯罪です。「万引き」という犯罪を犯す人は、一般のお客様に紛れています。ごく普通に買い物してる上では気づくことはないかと思いますが、大きなお店だと(百貨店・大型量販店・GMSなど)一日に数名は確実に捕まっています。万引きはバレ無ければいいと思ったら大間違いです。怪しい人は確実にマークされてますよ。

私が今の仕事に就く前までは万引きというと、中学生とかがその「リスク」の大きさを理解せずに「スリル」を求めて犯すというイメージがありました。しかし、実際は学生よりも中高齢者が異常に多いのですよね。その現実には正直驚かされましたよ。本来、子供に間違ったことを行わないように教育するべき立場の大人が、やってはいけない犯罪を犯しているのですから残念でなりませんよ。

高齢者が万引きにを行う行動原因としては、社会からの孤立化によりその孤独感から「スリル」を求めるようになるそうです。今の私にはその心情を理解することは難しいですが、この先何十年かたって私にもそのような衝動などが生まれるようなことがあるとすれば、それはとても恐怖です。多くの人が、どうやって孤独感を克服していくのかは今後大きな問題になりそうですね。先のことは良くわかりません。


万引き犯の対応については、それぞれのお店(会社)によって異なるようです。TVとかで特集してるの見てますと、Gメンのおばさんが厳しく諭す感じで終わっていることが多いのですが、お店によっては直警察という手段をとります。警察を呼ばないと、その場凌ぎで誤っておけば言いという悪い印象を与えることになります。対応が甘ければそれすらも噂になってしまうようですよ・・・

盗むと一口で言っても、10万円近い高額品を堂々と持ち逃げする人も居ますし、100円位の小物商品をポケットに忍ばせてレジ前を抜ける人も居ます。ほとんどが後者なわけですが勘違いしないで頂きたいのが、重要なのは金額の大きさが問題なのではなくて「犯罪」という行為そのものがどれだけ悪であるかということですね。金額があまりに多ければ、「窃盗」が「強盗」になるかもしれません。しかし、窃盗という行為をするとしないでは0と1の大きな違いが有ります。それを理解せずに『100円ぐらい』と犯行に及ぶ行為がどれだけ許しがたいものであるのか理解していただきたいものですよ。


あとテレビで万引きGメンとして紹介されている方がいますが、あの仕事はああ見えてかなり危険です。テレビでは腕っ節が強そうな女性の方が多いですが、私が以前勤務していたお店では万引きの犯人にGメンに当たる方が殴られるという事件が有りました。その方は男性で体格もかなりガッシリした人でしたので大きな怪我は有りませんでしたが、顔から鼻血をだしていましたよ。こうなるともう「強盗」になってしまいます。その後すぐに、テレビドラマ(サスペンス)とかで見るような大人数の警察の方が来て、写真取ったり近隣で事情聴取したりしてましたよ。結局犯人はすぐに捕まりましたね。日本の警察の行動力はやはり優秀だと思いますよ。

テレビで万引きの実情などを報道することに対しては、おそらく否定的な意見も数多いかと思います。私としては、万引き犯の特集をするのであれば、捕まったあとの厳しい処罰まで見せ付けてほしいです。昔に比べ少しずつ罰則は厳しくなってきているとは聞きますが、世界的に見てもまだまだ甘いのが現状です。


無くならない「万引き」という犯罪が、社会問題としてこれ以上大きくなる前に何をすればよいか、答えは多くは無いと思いますがね…
こう暑い日が続くとプールとか行きたくなりますね。


私はもう10年以上プールなんて行っていない訳ですが、年を負うにつれドンドン行きにくくなる現状がとても辛いところですよ。そんな私も、中学生まではしょっちゅうプールに行っていたものです。そこが茨戸川に位置する「札幌テルメリゾート」だったわけですね。

当時の、札幌テルメは凄かったですよ。それまで、札幌均衡に大きな屋内型遊泳施設なんて有りませんでした。屋内型だと競泳で使うような四角いプールだけでしたし、屋外型でようやく手稲プールなどがいくつかあるくらいでした。しかし、北海道は夏でも晴れが続く日は少ないですから、全天候型の屋内プールができた時はそれは驚きでしたよ。

札幌テルメは入り口の中に入ると広いロビーがあって、何時間コースで遊ぶかを選ぶことが出来ます。その少し置くには、水着やガウンの貸出施設がありましたね。水着も貸出があったので、最悪手ぶらで行っても遊べちゃうわけですね。そこを抜けると、やたら広い脱衣所があって着替え終わったらすぐにプールがありました。

プールは、やたら広いプールや泡の出るのや流れるプールも有りましたし、ウォータースライダーとかもありましたよ。テルメの魅力は泳ぐだけじゃなくて、スポーツ施設とか日焼けする機械とかも充実してましたし、軽食を取るところもいくつかあったりして、何もしないでただ歩き回るだけでも楽しめる施設でしたよ。後期には大きなホテルもすぐ横に建設され、北海道でもトップクラスの健康保養施設にまで成長していきました。

そんなテルメも今から10年前に廃業してしまいました。

バブル崩壊、平成の大不況、拓銀の破綻、北海道経済への大打撃。そのなかでも、拓銀の破綻の影響を大きく受けてしまったわけですね。テルメリゾートはバブル期に作られただけあって、施設も超豪華でしたがその分初期投資がかなり莫大であったと聞きます。拓銀の破綻でそのあおりを受けて、営業が出来なくなってしまったようですよ。

テルメ廃業後かなり長い期間廃墟と化していました。その間もテルメ復活を望む声が多く上がっていました。最終的には、初期投資の10分の一以下で売りに出され、地元の第三セクターやオリックスグループを初めとする本州の王手から買取の声が上がっていたようですが、最終的に買い取ったのが山梨県の菓子製造会社の「シャトレーゼ」でした。

随分と長い間放置されていたので、荒廃が心配されていましたが、それほど酷く痛んでいなかったようで、買取から割と早い段階で「ガトーキングダム」オープンを迎えました。


実は、私は「ガトーキングダム」になってからは行ってなかったりします。なかなか行く機会というのがないのですよね。一人で行ってもなんか痛いしねぇ…

目の保養とかしたいなぁ…( ´∀`)

♥ カレンダー ♥
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
♥ ブログ内検索 ♥
♥ Amazon ♥
♥ リング ♥
ブログランキング・にほんブログ村へ

♥ カウンター ♥
♥ 紹介文 ♥
< ブログ名 >
Nest of innocence

< 管理者 >
nest
Copyright(c) Nest of innocence All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]