忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
おもしろ地図を広げよう!
[238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [30]  [230]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パンを踏んだ娘、パンを踏んだ罪で、どこまで〜おちる〜〜


20代30代くらいの私と同年代くらいの人の多くにトラウマを作ったであろう作品です。話の内容も酷く救われ無いのですが、影絵みたいなかんじなのも子供には恐怖でしたよ。


YOUTUBEにお話がありましたので、まずこちらを。
パンをふんだ娘1-1 1-2 2-1 2-2

ナレーションの冷静さもまたなんか怖いです。


お話をまとめると以下のような感じ。
孤児院で生まれた娘インゲルが、まずしいけどやさしいパンやの夫婦に引き取られます。パンヤの夫婦はインゲルをやさしく育てていくのですが、当のインゲルはパンヤの夫婦との貧しい生活に満足できず、パンヤの夫婦にきつく当たるのでした。

そんなある日、お金持ちの家から自分達の家に来ないかとお誘いを受けます。お金持ちにあこがれていたインゲルは当然その誘いを受けて、お金持ちの家ですむ事になります。パンヤの夫婦は貧しいにもかかわらず精一杯インゲルにお金をかけて身なりを整えさせようとしました。しかし、インゲルはそんなパンの夫婦の行為を踏みにじり、パンやの夫婦からもらった服や道具などすべて捨ててしまうのでした。

そして幾日かたって、インゲルが育ての親であるパンやの夫婦の家を訪れます。しかし、そこは以前にもまして荒れ果てさらなる貧しい暮らしをしていた夫婦がいました。それでも折角来てくれたインゲルにと、お土産にパンを渡します。

その帰りに、インゲルはあんな家で暮らさないでよかったなど散々毒ついているのですが、道の前に大きな沼がありました。折角お金持ちの家でもらったきれいな服を汚したくないインゲルは、先ほど貰ったパンを踏み台に使しようと思いつき、パンを沼に投げ入れました。

そして、インゲルがパンに足を踏みおろすと、インゲルはそのまま沼の中に落ちていきました…



要約するとこんな感じのお話です。
とにかく主人公のインゲルの性格が酷い。女王陛下ならいざしらず、酷く出世欲が高く、人の好意を簡単に踏みにじります。

しかし、そのあとインゲルを待ち受けていた運命はとても厳しいものでした。そこらへん、神様も救いをほとんど与えないところがなんともキツイです。お話の内容がこんな感じですので、感受性が豊かな子供が見ると結構衝撃な作品ですよ。

大人になって見ると、また違った感じ方が出来る作品ですね。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ カレンダー ♥
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
♥ ブログ内検索 ♥
♥ Amazon ♥
♥ リング ♥
ブログランキング・にほんブログ村へ

♥ カウンター ♥
♥ 紹介文 ♥
< ブログ名 >
Nest of innocence

< 管理者 >
nest
Copyright(c) Nest of innocence All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]