忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
おもしろ地図を広げよう!
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もしもこの世にパンツがなかったら、
好きなあの子にどうして会いに行こう〜♪


ツヨシしっかりしなさい」は今から20年ほど前に、週間モーニングで連載が開始され、1992年にはアニメ化もされました。時期的には、「ちびまる子ちゃん」の第一期と第二期の間ですね。ちびまる子があまりにも国民的アニメになりすぎたので、歴史から忘れられがちですが私が好きな名作のひとつです。

主人公のツヨシは、井川家の末っ子の長男。上には2人の姉がいるのですが、ツヨシはそんな姉二人と母に家事をすべて任されてます。父は博多へ単身赴任のため、家では男はツヨシ一人そんななかで孤軍奮闘するツヨシの物語です。ツヨシは家事はもちろん生活に関する知識はすべてプロ並で、勉強以外は怪物です。だからといってヒーローというわけでもなく割と普通の高校生で、回りに振り回されてるところなどがユニークに描かれてます。

ツヨシの勉強以外の生活スキルというのはとても魅力的で、少年時代にはそんな生き方にあこがれたものですよ。生活に関するスキルを身につけて、なんでも自分でやってみる。そういう人間になりたくて、今の仕事に就いたというのが私の裏話。そういう意味でも、私の人生に影響を与えた漫画だったりします。

ツヨシの生き方は本当に人間らしくてあこがれます。この漫画は生活感に溢れているのだけど、どこか心温まるそんな要素があって読んでいて楽しめるし感じることも多いかと思います。読んだことがない人には是非読んでほしい漫画ですね。


アニメの方のオープニングも凄かったですね、爆風スランプの「さよなら文明」では、夕飯時間にもかかわらず 「おなら おなら おなら さよおなら〜」と「おなら」連発ですよ。初めて聞いたらご飯も噴きますね。他にも、TOKIOのデビュー曲「LOVE YOU ONLY」 があったりと、OPEDともにバラエティに富んでましたね。


アニメ版は、悪友のワタナベがかなり良い味出してましたねぇ。
フジTV自社製作らしいから、DVD難しいのかなぁ・・・


PR
今更何も語る必要もないくらい超有名ジャンプ漫画。


劇場版「DEATH NOTE -デスノート-」近日映画化ということで、メディアがこれだけ盛り上がっているのに実は私ほとんど原作読んでなかったんですよね。というのも、毎週ジャンプを欠かさず読めているわけではないので、結構飛び飛びになってしまい内容がもう全然解らなくなってしまったからです。他の漫画ならある程度の「ミッシングリンク」は埋められますが、デスノートは奥が深すぎて一週読み逃すと時に致命的になります。そんなわけで、連載中は飛ばしていたのですよ。

ジャンプの連載終了と映画化の情報を得て、先日コミックを全巻まとめ買いしましたよ。映画化の帯が付いているというのも私としては重要なポイントです。帯付きは新刊を買う最大のポイントですから。


ストーリーについては複雑すぎてまとめてかけないけど、大まかに説明するなら、『名前を書かれた人間は死ぬ。』ノートDEATH NOTEを手にした夜神月が自分の信じる正義のためにノートを使う。ノートを使いその存在を大衆に知らしめ「キラ」と呼ばれ始めた月に対し、「キラ」を探し出すため調査を依頼された「L」とそれを告ぐものの知略戦を描いたお話。

初期の頃のストーリーが後期に絡んでくるなど非常に内容が複雑で、よくよく考えながら読んでいかないとキラやLが何をやろうとしているのか理解できないこともしばしば。なんども読み返すことで面白みが深まるところなど、レベルの高いミステリー小説を読んでいるような面白さがあります。誰から見ても完成度の高い作品なのではないかと思いますよ。天才同士の戦いを描いただけに、原作者が一番天才なのではとおもってしまいますね。

漫画担当の「小畑健」先生といえば、ジャンプ屈指の大物漫画家です。そして、原作が「大場つぐみ」という名の新人作家。しかし、過去そのような名前で活動実績がある作家は居らず、そのストーリー構成力の高さからベテラン作家の偽名であるという憶測がでてますね。

そのベテラン作家の最有力候補が、「とっても!ラッキーマン」のガモウひろし先生というのだから凄い…


「ラッキー!! ・・・じゃない実力さ〜!」でしょうかね。

夜神ライトの憂鬱ED「キラ吉良ユカイ」


ジャンプの代表作家の一人、富樫義博先生の初期作品です。


富樫義博先生の連載漫画といえばどの作品が思い浮かぶでしょうか、私と同世代の方の多くは「幽遊白書」や「レベルE」、もっと若い世代なら「ハンター×ハンター」でしょうかね。10代の世代の中には「幽遊白書」すら知らない人も居るみたいです。古くからのファンとしては悲しいものです。富樫漫画は他にはない魅力みたいなものが多くあります。ネームの状態でジャンプに乗っちゃっても、やっぱり富樫漫画に変わりはないのですよね。

名作が多い富樫先生ですが、初期の作品「てんで性悪キューピッド」をご存知でしょうか。1989年に連載が開始された、「幽遊白書」以前の作品です。後の作品の面白さも、この作品あってのものと私は思ってます。


天使を崇拝し、絵に描いた天使を愛する純朴な少年鯉昇竜次。ある日竜次が森へ出かけると、水浴びをしている悪魔のまりあと出会う。竜次はその場は逃げ出すのですが、まりあは代々純粋な悪の魂を生み出す鯉昇組の跡取りである竜次が天使にうつつを抜かす純朴少年であったために、スケベで極悪な魂を持つ一人前の男に変えるべく竜次の家である鯉昇組に家庭教師として住み込み始めます。学園モノだったり、ギャグ要素が強かったり、といろいろたのしめる作品なのですが、物語の地盤がスケベで極悪にする事だったりするので、当時としては結構えちぃお話がおおかったですね。それも見所のひとつでした。

私が好きな名作のひとつなのですが、どこが良いとか旨く伝えるのは難しいですね。とりあえず、「ハンター×ハンター」しか知らない世代は読んで見てほしいですよ。新たな富樫漫画の面白さに出会えるかもしれませんよ。


旨くまとめ切れなかったので、『マンガがあればいーのだ』さんのレビュー(冨樫の傑作!?問題作!?「てんで性悪キューピッド」を読む!)でもみて参考にしてみてください…


力不足で申し訳ない…('A`)


tp.jpg


「タイムパトロール」と聞くと何が思い浮かぶでしょう。
多くの人が大長編ドラえもんに出てくる人達といった感じでしょうか。


ドラえもんのラストに出てくるタイムパトロールといえば、白い空飛ぶ潜水艦見たいのに乗って、タイムトラベラーによる犯罪を裁く組織といった感じですね。しかし、「TPぼん」のタイムパトロールは違います。

TPぼんのタイムパトロールは、過去に不慮の死を遂げた者で、なおかつ生存しても歴史の流れに影響しない者を選定し救助活動を行う組織です。解りやすくいえば、様々な時代へ赴き殺されてしまいそうな人をコッソリ逃がしてあげたりするのですね。

TPぼんの主人公、並平凡が偶然TP隊のリームに出会ってしまう所からお話は始まります。TP隊は人助けする組織かと思いきや、陰の組織であるためTP隊の存在に気づいた人間を歴史の保護のため容赦なく消すという恐ろしい規則の元行動しています。当然、ぼんも消されてしまいそうになるわけですが、実はぼんは歴史の流れに関与していることが判明し、困ったTP隊は、ぼんを隊員に任命してしまいます。

TP隊の一員となったぼんは、初めはリームと一緒に見習いとして行動し、後に正規隊員として安川ユミ子をパートナーにしてTP活動を行います。

この作品は作者が藤子・F・不二雄先生であるため、明るくコミカルなお話なのかなと思って読むと衝撃を受けることになります。大まかにお話を語る上では旨く伝わりませんが、ぼんが冒険する先はイケニエを栄誉とする古代の世界だったり、串刺しという残酷な処刑を行うことで恐れられ吸血鬼の元となったブラド公爵の城だったり、平家討伐が行われた壇ノ浦だったり、すべてを失い荒れ果てた未来の地球だったりと常に危険が伴います。非常に人間味溢れて、読んでいてハラハラドキドキすること間違いありません。

近年の放送規制などの流れを考えると、現代にこの作品の魅力を伝えることは難しいかもしれません。しかし、藤子・F・不二雄先生の漫画の本当の面白さがこの作品には詰められていると思います。表面的な表現での冒険ではなく、読む側をストーリーに引き込む力がこの作品にはあります。

ドラえもんでも、のび太が真剣なまなざしで漫画を読んでるシーンがありますが、おそらくこの作品を読めば誰もがそんな表情になってると思います。

古い漫画の中にはメッセージ性の強いものが数多くあります。こういった作品に触れずに大人になった人や、触れる機会を得ない少年は人生を損していると思いますよ。自分の感受性を高める意味でも是非読んで見てほしい作品ですね。

作者没のため未完ですがね…

リームの魅力を思い出したので、また読んでみたくなりましたよ。
気が強すぎなユミ子君とは違った魅力がリームにはありましたね。

T・P(タイムパトロール)ぼん (1)

T・P(タイムパトロール)ぼん (2)

T・P(タイムパトロール)ぼん (3)

T・P(タイムパトロール)ぼん (4)
♥ カレンダー ♥
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
♥ ブログ内検索 ♥
♥ Amazon ♥
♥ リング ♥
ブログランキング・にほんブログ村へ

♥ カウンター ♥
♥ 紹介文 ♥
< ブログ名 >
Nest of innocence

< 管理者 >
nest
Copyright(c) Nest of innocence All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]